spineのexportを自動的にする

Mac用の自動exportアップを作る方法の説明

まず必要なもの

  1. 以前のポストで作った「spineファイルをexportする際に必要なオプション」のjsonファイル
  2. spineファイルをexportしたファイルを保存するフォルダー

作り方

  • Automatorを実行
  • 「アプリケーション」を選択
  • 「シェルスクリプトを実行」をワークフローに入れる
  • シェルは「/bin/bash」を選択
  • 入力の引き渡し方法は「引数として」を選択
  • 以下の内容をテキストエディタで編集
for f in "$@"
do
echo $f;

/Applications/Spine/Spine.app/Contents/MacOS/Spine --input $f --output "./export_folder" --export "./spine_export_option.json" ;

done
「./export_folder」を自分のpathに修正
「./spine_export_option.json」を自分のpathに修正
  • 修正した内容をコピーしてシェルスクリプトにペーストする
  • saveする。
  • spineファイルをsaveしたアップにdrag & dropする
  • 指定したexportのフォルダーに書き出されたかを確認

【spineのカテゴリのLIST】

「概要」

  • 進行計画
  • spineの基本構造
  • 以下の項目は只今準備中です。

「export」

「TIP」

  • hierarchyの展開
  • hierarchyのフィルター
  • meshの設定ができているattachmentを差し替える
  • 以下の項目は只今準備中です。